実際浮気調査をした場合

ここに書いてあるようなことは典型的な事例といえるでしょう⇒浮気調査の事例
ほとんどの場合このような流れで進むのですが、細部はやっぱり依頼者の状況や調査の種類によって変わってきます。
浮気調査というのは厳密にいえばいろいろなパターンがあるので同じものはひとつとしてないというのが実情です。

浮気調査について

浮気調査

相手(男性だったら妻、女性だったら旦那)がもしかしたら浮気をしてるかもしれない。
人間の勘は鋭いもので、浮気の気配を感じた場合、ほぼその勘はあたっています。
たとえそうでなくても怪しいと思ったらそれが真実がどうかを確認したいと思うのが人の佐賀ではないでしょうか。
そんなときにまずはどのような行動をすればよいでしょうか?

まずはほんとうに浮気をしているかどうかの証拠をちいさいところからでも確認した方がいいです。最初から大げさに騒ぎ立てると本当の浮気だった場合、相手に浮気を隠すきっかけを与えたり、大切な証拠を消す機会を作ってしまいます。

下記のような項目を相手に気づかれずにチェックしましょう。

  • 以前と比べてお金の使用方法が変わっていないかどうか
  • 自分の行動(帰宅時間など)を逐一確認するようになっていないか
  • 共有しているパソコンのファイルやフォルダなどにパスワードがかかっていないか
  • ある決まった曜日だけ残業時間が遅くなっていないか
  • 自分の行動に興味を示さなくなっていないか
  • 相手のパソコンにパスワードがかかっていないか
  • 携帯やパソコンに触らせないようにしたりしていないか
  • 家の電話をとるようになった。またおかしな切り方をする様になっていないか
  • 服装や持ち物など出かけるときの外見を気にする様になっていないか
  • 携帯を置いてすこし離れるだけでもすぐにロックしていないか
  • 急な休日出勤など仕事が増加していないか
  • 相手がいないとき家に無言電話がかかってくる様になっていないか
  • 携帯を家でも肌身離さず持ち歩くようになっていないか

チェックの数が多ければ多いほど、残念ながら浮気が疑わしいと言わざるを得ません。
もし4つ以上心当たりがあるなら一度本格的に調べてみる価値があるかもしれません。ただし相手も浮気を隠すためにいろいろと用意周到な準備(アリバイや都合のいい言い訳)を用意しているでしょうから下手には動けません。

こういった浮気の疑いが濃厚な場合どういった行動に出たら一番よいでしょうか?
人によりその際に取る方法はさまざまかとおもいますが、やはりこちらのようなプロに浮気調査の方法をご相談したらよいでしょう。

大田区について

東京都の南東部に位置する東京都の特別区のひとつで、東京23区内では最南部に位置する。
東部には国内航空網の拠点となる羽田空港がある。
ちなみに羽田空港のある地域は大田区全体の3分の1の面積をしめている。
区の前身は旧大森区と旧蒲田区である。
大田区の区名となっている「大田」とは大田区誕生時に合併した旧大森区と旧蒲田区からそれぞれ一文字ずつとった合成の地名である。
しばしば点つきの太田と誤記されがちであるのはこの由来が広く伝わっていないことと当地区が、江戸城の建築者として有名な太田道灌の領地だったことがあげられる。

区の商業は大森駅と蒲田駅の両駅に、区の行政は蒲田駅に集中している。
区の南部を流れる多摩川を挟んで神奈川県川崎市と接する。

区の大部分を占める平野には市街地が広がり、ビルやマンションなどが立ち並んでいる。
京浜運河より東側は埋立地となっており、物流拠点や工業団地があり、同時に野鳥公園、海浜公園等が整備されている。

このような東京湾の埋め立て地によって大田区はその区域を拡大してきた歴史がある。
1967年(昭和42年)平和島および昭和島、1972年(昭和47年)大井ふ頭、1974年(昭和49年)京浜島、1978年(昭和53年)城南島と区内に次々と人工島を造成し、更に1984年(昭和59年)から始まった羽田空港沖合埋立て工事が1992年(平成4年)完了。
当時の世田谷区を抜いて東京23区総面積の9.6%を占める最も大きな区となった。

その大田区の3分の1の面積をしめる東京国際空港(羽田空港)が区内臨海部にある。
国内最大級の空港である。
また2010年からはいままでの国内線に加え国際線も乗り入れるようになり、地域のこれからの発展が期待されている。